意外と身近な病気|椎間板ヘルニアの原因と症状

看護師

治療方針と特徴

女医

現在、免疫療法の指針の方法として注目されている治療法の一つが樹状細胞療法です。アメリカでは2010年にがん治療の一つとして認可を受けています。樹状細胞療法は、樹状細胞の独特の働きを有効利用した治療方法です。患者さんの体内から樹状細胞を取り出して、取り出した樹状細胞に患者さんが発症しているがんの情報を覚え込ませ、ワクチンを精製します。そしてそのワクチンを患者さんの体内に注入します。すると、がんに対する情報を得た樹状細胞が患者さんの体内にある免疫細胞に対して、がんの情報を教育するようになります。教育された細胞はよりがんを正確に探し出して攻撃することが出来る免疫細胞へと成長するのです。免疫細胞は体中に存在しているので転移したがん細胞に対しても有効です。

樹状細胞とはもともと私たちの細胞の中に存在している細胞の一つで、身体に入ってきた異物を認識し、異物に対して攻撃を加える免疫細胞と呼ばれる細胞に対して正確なS情報を与える役目を持っています。つまり、樹状細胞自体は異物に対して何ら攻撃する力を持っていないのが特徴です。樹状細胞療法はこの樹状細胞を利用した治療法です。従来のがん治療は正常な細胞を攻撃したりするため、副作用が辛いものが多かったのですが、樹状細胞療法は元々体内にあるものを利用しているので、身体が拒否反応を起こすことがほとんどありません。その為、副作用がとても少ないのが大きな特徴で、体力が大きく奪われた進行がんの患者や末期がんの患者にも適用できます。